History

沿革

日東製粉株式会社
1914 – 2006(大正3年 〜 平成18年)

日東製粉の前身となった松本米穀店の様子

江戸時代の老舗問屋より
脈々と受け継がれてきた
商才を基に

製粉事業に未来への可能性を感じ、
代々続く米穀、肥料の老舗問屋に加え
新たに製粉事業を吸収。
明治39年、製粉工場を建設すると、
業界の不況を跳ね返し順調に成長を続ける。
大正3年、日東製粉の前身である松本米穀製粉株式会社が誕生。

富士製粉株式会社
1941 – 2006(昭和16年 〜 平成18年)

富士製粉の前身となった岳麓製粉三島工場の様子(昭和16年)

県内に自前の製粉工場を・・・
富士の裾野に
製粉工場が建設された

大手製粉企業は県外に集中、日中戦争勃発。
ふすまの入手が困難になった畜産業界の
乳牛飼料不足を解決するべく、
県購販連が製粉工場を建設。
時、同じくして富士、駿東、田方群下の産業組合が
共同で三島市に製粉工場を建設。
岳麓製粉株式会社がスタート。

日東富士製粉株式会社
2006 –(平成18年 〜)

マークの由来
旗をイメージするパターンの組合せによって、日東富士製粉のイニシャル「N」を表しています。風になびく旗は、企業の発展性(前進の意欲)と、さわやかさを表現しています。旗は組織のシンボルであり、すべての行動の先頭に立つものであるところから、このマークは私たち全員の一致協力の精神を明らかにすると共に、その行動を通じて広く社会に貢献していくことも表現しています。

これからの食を見据えて、
さらなる飛躍を目指す。
日東富士製粉

私たち日東富士製粉株式会社は、
「お客さま、株主、従業員、社会のいずれからも信頼され、
安全・安心で健康的な食文化に寄与する企業」
であり続けることを経営の基本方針としています。

1914年
3月
埼玉県熊谷市に松本米穀製粉(株)として設立
1930年
12月
日東製粉(株)と改称、名古屋製粉(株)を合併し名古屋工場とする
1938年
8月
東京証券取引所に上場
1954年
12月
中央製粉(株)を合併し東京工場とする
1960年
10月
東京晴海工場完成、東京工場を閉鎖集約
1964年
4月
三菱商事と総代理店契約を締結
1970年
5月
日東運輸倉庫(株)設立
1977年
5月
日東フーズ(・サービス)(株)設立
1979年
3月
名古屋工場を知多市臨海工業地帯に移設完成
1980年
9月
東証1部に指定替え
1982年
5月
深谷工場を熊谷工業団地に移設完成、埼玉工場とする
1989年
3月
東京晴海工場を閉鎖、東京都大田区大井埠頭に東京工場を新設
1989年
6月
埼玉工場隣接地に埼玉食品工場を新設
1998年
8月
埼玉県熊谷市に食品開発センターを新設
2003年
4月
(株)さわやかの全株式取得
2003年
7月
「日東フーズ(株)」と「(株)さわやか」を合併。 新会社名を「(株)さわやか」に
2006年
4月
「日東富士製粉(株)」として新たなスタート
2006年
4月
「日東富士運輸(株)」として新たなスタート
2006年
6月
「NITTO-FUJI INTERNATIONAL VIETNAM Co., Ltd.」設立
2007年
6月
三菱商事の連結子会社に
2009年
3月
(株)増田製粉所の株式取得、業務提携契約締結
2012年
3月
水産飼料事業を日本農産工業(株)に譲渡
2012年
4月
「NITTO-FUJI INTERNATIONAL VIETNAM Co., Ltd.」を連結子会社化
2014年
3月
設立100周年を迎える
2018年
2月
(株)増田製粉所の株式を追加取得、同社を100%出資連結子会社とする
2018年
11月
「Nitto Fuji International (Thailand)Co.,Ltd.」設立