採用情報

小麦粉を作るための機械の保全や更新、新規設備の導入などを担当しています。

2012年度入社 【工学研究科 機械工学専攻】

写真HP用

製粉工場には多種多様な機械設備があり、そしてシステムがあります。
これらは毎日休むことなく稼動しておりますが、ときにはトラブルが発生することもあります。

私の所属する部署では、予防保全に努めるとともに、発生してしまったトラブルに対しては速やかなそして確実な復旧に取組んでいます。
設備には機械的な寿命があります。寿命が来ていなくても、最新鋭の機種やシステムに変更することもあります。
私達は設備更新を計画し実行する役割も担っています。自分達で製図、製作から据付まで行なうこともあります。

ルーチンワークが少なく、また幅広い案件に携わることのできる部署だと思います。

仕事を通じて一番嬉しかったエピソード

設備更新を初めてメインで担当し、それが無事に稼働し始めたとき

入社以来、設備更新の際は先輩方のサポートをさせてもらいました。
初めて自分が設備更新のメイン担当者になった時、今度は先輩方の助力を得ながら設備の配置図の製図や業者との交渉、また自営での工作物の製作に取組みました。
準備段階から試運転まで工事に立ち会い、そして最初の運転日に無事に動いた時の安堵感と達成感。これこそがこの部署で味わえる喜びだと思います。
計画から準備、工事までの期間が長く、工事が始まるまでは「不足しているものはないか?」「このまま進めて大丈夫か?」といった不安がありますが、達成した時の喜びは格別なものです。

私が日東富士製粉を選んだ理由

原料メーカーの幅の広さに興味を持ったことがキッカケです

私は就職活動において食品に関する仕事がしたいと考え、食品メーカーを始め、食品製造機械のメーカーや包装容器のメーカーなどを見ていました。
就職活動を進める中で、様々な用途がある食品原料メーカーに興味を持ちました。パンや麺類といった製品に直接関わることはなくても、より多くの用途に展開できる製粉というものができたら面白いだろうなと思ったことが決め手です。
採用面接が和やかに進んでいったことも入社したいという気持ちが強くなった要因の一つでもあります。

就活生のみなさんへ

私は機械系出身ですが、周辺には食品業界を目指す人はほとんどいませんでした。
しかしこうして入社して実際に設備に携わってみて、機械系や電気系の出身の人も充分に活躍出来るフィールドがある会社だと実感しています。
業界に拘らず、興味を持った企業は積極的に調べる事をお勧めします。就職活動は数多くの企業を知ることのできる滅多にない機会です。
将来の事で不安も多いと思いますが、色々と動き回る事によって視野が広がるチャンスと捉えて頑張ってください。

    • 業務用小麦粉
    • 業務用ミックス
    • 業務用冷凍生地
  • 株式・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取扱い
Copyright(c) Nitto Fuji Flour Milling Co.,Ltd. All rights reserved.