採用情報

小麦粉・プレミックスの営業活動をしています。

2012年度入社 【農学部 水産学科】

営業部では商社、二次加工メーカーへ小麦粉・プレミックス粉の営業活動をしています。
小麦粉はパン・麺・菓子等の様々な商品の原料となっているため、取引先も多数あります。
現在、私は営業部の中でも薄力粉チームに所属しているため、菓子関係のユーザーが多いですが、焼き菓子、生菓子といった商品の温度帯が違えば、提案する内容も全く違います。日々、お客様が求めているものだけを提供するのではなく、今後のトレンドを考えた営業活動を心掛けています。

    田中③

仕事を通じて一番嬉しかったエピソード

お客様に満足頂けるプレゼンができ、取引拡大に繋がった

入社2年目の頃、ある製造メーカーのお客様から更なる成長を目指していく中で、使用原材料の全面的な見直しを行っていくといった案件を頂きました。
既に取引のあるお客様でしたが、小麦粉商品の取引は少なく、当社にとって取引拡大に向けた大きなチャンスでした。プレゼンの準備をしていく中で、お客様の強み、弱み、販路などを分析し、どういった商品提案を求めているのか、何度も開発担当者と打ち合わせ、二次加工品の試作を繰り返してきました。
そうしたプレゼンを行ってきた中で、お客様から「取引をしたいという思いが一番伝わった」と当社に採用連絡を頂いたときは、すごく嬉しかったです。
ただ、採用はゴールではなく、取引のスタートです。これからもお客様に満足頂ける営業活動を行い、より良い信頼関係を築いていきたいと思います。

私が日東富士製粉を選んだ理由

原料メーカーだからこそ出来る「食」への可能性

もともと食べることが好きだったため、食品業界への就職を志望していました。企業説明会に参加していく中で、幅広く「食」に携われる原料メーカーに興味を持ち、食品の主原料である製粉企業への選考を進めてきました。
当社は製粉業界4位という位置づけであり、企業説明会で聞いた「毎日1,000万人分の小麦粉の安定供給に努めている」といったフレーズが印象的で、志望したことを今でも憶えています。もちろん、商社、二次加工メーカー、運送業、販売業等の様々な企業のもと、商品は皆さんの手に届きますが、川上の原料を扱う仕事は大きなやりがいになっています。 

就活生のみなさんへ

就職活動は自分が働きたい企業を選択できる良い機会だと思います。
私の場合は50社程の企業説明会に参加しましたが、実際に選考を進めていったのは10社程です。
たくさんの企業説明会に参加したことで、自分がどういった仕事がしたいのか見えてきました。ただ、選考企業数が少ないことはすごく不安なことでした。そのため、企業ごとに取扱商品、動向等をインターネット、新聞を利用し企業分析しました。自分なりに企業分析したことで面接を進めていく上でも自信にも繋がりました。
これから何十年と働くかもしれない企業を選択するにはしっかりと準備をすることが大切です。
まずは行動し、焦らずじっくりと自分に合う企業を見つけてください。 

    • 家庭用製品
      • 注目商品 味わいパスタ
      • すいとん粉
    • 業務用小麦粉
    • 業務用ミックス
    • 業務用冷凍生地
  • 株式・投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 日東富士製粉オンラインショップ
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取扱い
Copyright(c) Nitto Fuji Flour Milling Co.,Ltd. All rights reserved.